生活と映画と資格のログなど

生活にかかわるお金や格安SIM、3D映画を含むBlu-ray、保有資格などについての日記ブログです。

CISAのはずが、CIA試験について?(公認内部監査人の資格試験の記事始めます)

スポンサーリンク

CIA、CISAは資格の略称です!

CIA資格とは、公認内部監査人の資格のことです。

アメリカの諜報機関ではありません。
Certified Internal Auditor の略で C I A と呼ばれています。

CISAの方は、公認情報システム監査人の意味です。

知る人ぞ知る資格で、これをとる必要性がある人も、限られています。CISAもCIAもマイナー資格です。

ただ、CIAは内部監査に関する唯一の国際資格であり、CISAは情報セキュリティに関して歴史のある国際資格です。

CISAは、公認情報システム監査人という言葉から、公認内部監査人みたいな監査の資格だと思ったのですが(もちろん監査の資格なのは間違っていません)、どちらかというと情報セキュリティの資格という捉えられ方をします。

システムに関するセキュリティ面の入札要件で、CISAの資格保持者がいることで、入札資格を満たす場合もあります。

もちろん、一番のオールマイティは国内の国家資格である「システム監査技術者試験」になります。

元々は、近年の情報が少ないCISAについて書こうと思っていました。

ただ、公認内部監査人の資格は、取りたい、取らねばという人がいるにもかかわらず、なかなかネット上での情報が少ないようです。

CISAについても書く予定ですが、先にCIAの方について書き始めたいと思います。

公認内部監査人は、内部監査で唯一の国際資格!

業界内ではそれなりの知名度があるそうです・・・。

欧米では通用するとも言われていますが、日本では?な気がします。

この資格、2014年の3科目で試験に受かるしか道のない現試験制度と、それ以前の特に2010年前後に至るまでに取得した人の間では、試験の難易度に対する意識の隔たりがあると思います。

私は現試験制度になってから、勉強を開始し合格しました。

以前、昔の制度で資格を取られた方と話をしたら、「簡単だよね」という感じで言われ、愛想笑いだったか、苦笑いだったか、で対応した思い出があります。

もちろん、公認会計士やUSCPA(米国公認会計士)などの方から見ると、確かに簡単かとは思うのですが。

情報は時間が経つほど古くなりますし、、私も少し前の情報にはなってしまうのですが、2010年頃以前の情報よりは、まだお役に立つ可能性があるので、記事を書いていきます。