生活と映画と資格のログなど

生活にかかわるお金や格安SIM、3D映画を含むBlu-ray、保有資格などについての日記ブログです。

映画「モアナと伝説の海」

最近、家でブルーレイ版の2Dで観た映画です。 

モアナと伝説の海

ディズニーらしい王道のストーリー

ディズニーらしいストーリーの流れのアニメです。

親子、冒険、友情。困難を乗り越えて、、、いろんな歌も劇中にあり、、、。仲間と離れてはやっぱり一緒に戦う、、、。

南の島の部族の娘が旅に出て仲間と出会う、主人公が今回特色がありますね。

部隊が海という、広いところなので、なかなか登場人物が少ないですが、海の映像はきれいですね。

Blu-rayで観ていただきたいと思います。映画自体は2Dで観ました。太陽が出ているときの明るい海、そして真っ暗になった暗い海、そして火が出てくる火山など、岩、緑、最近のアニメとして映像がきれいだと思います。

個人的には、空を飛ぶ映像がある映画は3D向きだと思っていますが、この映画は、波の動きもありますので、3D映えするタイプの映画です。

個人的には、登場人物や舞台の広がりがあるズートピアの方が好みです。
大人ですと、ズートピアは謎解きといいますかミステリーの部分もありますから。

子どもが観るなら、逆に限られた登場人物が活躍するという面もあり、導入部のそこに至る物語は少し理解しにくいですが、そのあとは単純明快に楽しめる作品だと思います。

勝手に評価付け 5点満点中3.5点

3Dでみるべきだった度3.5点

単純明快で、歌もあり、戦いもあり、楽しめると思います。

ただ、登場人物としては少ないわかりやすさ故の構図が、大人的なイメージとして3.5点としたところでしょうか。まあ、アベンジャーズがシリーズの作品が増えるごとに、主要登場人物だらけになってしまう。多いほどバラエティーがあって楽しめるというわけでもないのですが。アベンジャーズは特殊能力を持つ仲間が増えすぎたのか、対立の構図で把握しにくくなるのをわかりやすくしようとしているのかも知れません。批判ではなく、両方おもしろい作品です。

3Dでみるべきだった度は、きれいな海の映像、波、空を飛ぶ場面がありますので、これなら3Dでみてもよかったかなと思いました。ただ、3Dじゃないと、この映画を味わったことにならない!という印象は受けなかったため、2Dでも十分楽しめると思います。

夏休みに家でお子さんとみるのには、歌や踊りもあり、楽しめる映画だと思います。