生活と映画と資格のログなど

生活にかかわるお金や格安SIM、3D映画を含むBlu-ray、保有資格などについての日記ブログです。

CIA試験)受験プロフィール2(PartⅠ・Ⅱ・Ⅲと順番に受けたことと大切な鉄則!)

公認内部監査人資格の試験に関するブログ記事です。

前回に続き、試験受験経験者としてのブログ記事になります。

www.itsumo.net

約6か月勉強、PartⅠ・Ⅱ・Ⅲの順番で合格

このブログの資格試験部分の一貫した方針ですが、実務向けの資格ですから1回で受かる、ストレート合格するのがスゴイとは、別に考えていません。

認定のための実務経験もいるわけですから、3ヶ月だろうと1年だろうと結果として受かればいいんです。

個人的には問題はマネー(お金)です!

相応の年齢に達した方が受けることも多い試験です。ご家族、ご自身とのライフステージともかかわり、それなりの勉強期間はかかる方もいるかも知れません。ただし、受験については不合格になると痛い点があります。

受験料が高い!1科目でも落とすと、協会会員になっている前提で、25,000円以上かかります。2014年以降の新試験(現試験)では、公認会計士だろうと弁護士だろうと科目免除の方法はなく、受験料を払って3科目の試験に受かる以外の道はありません!

ライフステージに合わせて、1年で合格を目指すなどの戦略、戦術はあると思います。が、何度も落ちるのは金銭的に痛いですね!(もちろん試験のために行う勉強時間も増えてしまい、他の業務知識を身につける時間にも影響するため)

やっと自己紹介ですか!?

前置きがかなり長くなりました。少し時期などにフェイクはいれさせていただきます。

私は、記憶力が落ちたなとおもってきた中年です。しかも、内部監査は未経験。
実務経験に足し算できる法務やリスク管理部門の経験もなしでの未経験者でした。
勉強開始時期は現試験形式開始後なので、2014年以降です。
合格は2014から2015年頃ということにさせていただきます。
学習期間は、この試験では標準的と当初言われる半年程度でした。

学習時間や学習方法は、今後書いていきますが、現時点で書くべきことは一点!

パート1と2はほぼ同時期に受けるべき!これは鉄則!

3ヶ月程度でパート1を受験し何とか合格しました。資格予備校で、PartⅠとPartⅡは、ほぼ同時期に受けるべきとの話がありました。

未経験者で何もわかっていない故、そうなんだと、なにも考えず、アドバイス通りにしました。私の場合は2週間後にパート2を受験しました。

このアドバイスはハッキリいって鉄則です!

今後また触れます。今回のプロフィールの記事では1フレーズまでにさせていただきます。

私(未経験者)は、パート2が一番難しかった

試験の途中で、こりゃ落ちたな、2万5千円を無駄にしたことを後悔する気持ちが試験中に出つつ(なぜ、そんなこと考えずに集中しなかったのか反省も、本当に集中できなかったんです)、時間切れで試験が終わりました。25,000円があったら・・・と頭をよぎる中、試験受付からテスト結果が書いてある紙を受け取りました。

受け取ったものの見る勇気がなく・・・それでも、開かないとわからないので開くと・・・・・・・・

・短く合格しているとのメッセージが・・・

情けないことに、合格したぞ!といより、2.5万円の出費を回避した、プラスの喜びではなく、マイナスをゼロに抑えた気分になり意外に喜べず。

Part1とPart2への受験の印象が、その後に影響を与えます

正確にはパート1の印象が、その後に影響を与える!ですが、鉄則としてほぼ同時期に受けますのでⅠとⅡが・・・と書いています。

当初、Part3は1ヶ月後に受けようと思ったのですが、パート2の余りの難しさに完全にビビってしまい(1回落ちると、数万のお金が追加でかかり、勉強する期間が増えるため)、十分に勉強してから受けようと2ヶ月程度を費やし、パート3に合格しました。

結果的に、受かるぞ!というよりネガティブな落ちる恐怖心と戦いました。結果として、ストレート合格したわけですが、内心は薄氷を踏む思いでした。

受かったぞ!というよりホッとした・・・のが正直な感想

3科目合格した時も、私の場合「やったぞ!」というより、ホッとしたのが正直なところです。

ちなみに、PartⅢは結構勉強したなと思いますので、実際は5ヶ月程度で合格できるかも知れません。1ヶ月や3ヶ月で受かった!というのは、それはそれの、他人のお話しです。受験生期間が長くても、学習していなければ意味がないので、実際は学習時間だと思います。これも今後触れます。

約半年くらい勉強し続けなければならないので、結果的に落ちても、最後に受かればいい精神の方が、途中で息切れしないと思います。

ということで、受かるための勉強というより、落ちないための勉強というスタンスが私なりの考え方なので、次から予備校や学習方法やポイントについて書いていきます。