生活と映画と資格のログなど

生活にかかわるお金や格安SIM、3D映画を含むBlu-ray、保有資格などについての日記ブログです。

iPhone X、iPhone8が出たからこそ中古のiPhone6S、iPhone7が狙い目だと思う(新品も値下げ)

格安SIM関連の記事です。今回は、格安SIMで使用する機種についてです。

2017年9月、ついに新しいiPhoneが発表!

これは、ねらい目ですぞ! えっ、この前、発表されたばかりの新しい機種のことですかって?

  • iPhone X
  • iPhone8

いえいえ、このブログは節約ブログでもありますから、旧機種のiPhone7、iPhone6Sの話です・・・。

とは言いつつも、新しいiPhoneの価格から取り上げてみます。

節約ブログでもありますから、候補として考えているのは、一番小さい容量です。

そして、格安SIMについて書いているブログなので、最終的には安くなる格安SIMを使うため、SIMフリーの機種についてです。

音楽をある程度までしか聞かないのでしたら、32GB/64GBのストレージ容量があれば十分です。ただし、今使っていて思うのですが、16GBはきつい・・・。

一番小さい容量で、iPhone8・iPhone X の値段を見てみると

  • iPhone X 64GB: 121,824円
  • iPhone8 64GB : 85,104円
  • iPhone8 PLUS 64GB: 96,984円

いずれも税込みです。税抜きで発表して一瞬安いのかなと思ってしまうのが、ある意味Appleマジックですね・・・。

やはりiPhone X(アイフォーンテン)、高性能ですね!

最低容量で、12万円・・・セレブ向け?・・・。

性能は文句なし。有機ELで5.8インチの画面サイズ。そりゃ、画面からして値段が高くなるのもわかります。顔認証とか最新技術が詰め込まれています。

iPhone8(アイフォンエイト)、安心の正常進化ですね!

それに対して、今までの流れからの正常進化! iPhone8

CPUがA11と高速化。カメラの画素数は12Mと変わらないものの、ノイズが減少。今使っているiPhone6Sでも、確かに夜だとノイズがわかります。そこが軽減されるというのは大きい。

液晶もきれいに見えるようになります。AR(拡張現実)やガラスの背面処理も変更点です。

無線充電(Qi規格。チィー)は便利だと思います。しかし、充電器別売りなんですね。12万超えの「iPhone X」に無線充電器つかない? ちょっと残念です。

大変興味をひくのですが、新品のiPhoneはやはり高い!

iPhone8なら、ポケットに気軽に入る「4.7インチ画面」を選択しますので、PLUS(プラス)の話は外します。

iPhone8だとしても、8万5千円。

確かに下手なパソコン以上の性能です。圧倒的にパソコンより利用時間が多い機器、それがスマートフォンでもあります。わかっていても、やはり躊躇します。

実際はスマホも成熟商品となってきましたので、一世代前でも十分な機能を発揮します!

今回、実は一世代前のiPhone7、二世代前のiPhone6Sが併売される

しかも、価格が税抜きで11,000円ほど下がります!

二世代前の6Sまで引き続き販売する。

ということは、アップルはその処理性能が十分あと2~3年は耐えられると考えているとも取れます。

併売されるiPhone7、iPhone6Sの価格は?

  • iPhone7 32GB: 66,744円
  • iPhone6S 32GB: 54,864円

ここもやはり、最低容量で、PLUSは除きます。

たしかに、XやiPhone8と比べると旧機種の新品が安い。

32GBにはなりますが、音楽や動画を大量に入れない方であれば困ることもありません。

でも、本当に安いのか?やっぱり高くないですか?

新品で買うなら、元を取ることを考えて2年、できれば3年使うのがベター。

でも、新品とはいえ2年後の6Sには性能的に不安がありますよね。ましてや3年使えるかな?と。

そう考えると、iPhone7押しです。

まず、物理的なホームボタンが7からはなくなりました。

ということは、何年使っても頻繁に押すボタンが劣化しません。

そして、iPhone7から防水防塵。日常生活防水とはなりますが、ふだん使いのスマートホンとしては防水機能はやはりほしい。

iPhone7、値下げされたし魅力的?・・・

それでも、やっぱり6万6千円・・・高いという方もいます。私もです。

3年使うなら、64GBの容量でもあり、8万5千円のiPhone8の方が魅力的に感じてしまいます。

ちなみに、iPhone SE? なれると画面領域が広い方が便利!

ちなみに、「iPhone SE」もやはり価格を下げて発売されます。

アップルのスマートホン、iPhone SEの新品が42,984円で購入できます

確かに、魅力的です。

ただ、iPhoneを使い続けて6Sまで到達した私の感想としては、4インチから4.7インチの違いでも、画面の表示領域が広がったのは便利です。画面を指でスクロールさせる回数も減りますし、写真や動画は大きい方が見やすいです。もう、過去の4インチサイズには戻れません。

画面が大きくなりSE同様ポケットに入るという点で、通常版をおすすめしたいところです。

iPhone7の中古品の値下がりをウォッチしたい!

防水防塵、日常生活防水のあるiPhone7。

6S以前の人から見たら、カメラの性能とか処理速度もよくなっています。

次の機種として、節約も意識したコストパフォーマンスでは狙い目です。

特にバッテリーが弱くなってきた、へたってきたかな、と思ったら、買い替えのタイミングの一つです。

iPhone7ですと、発売の時期から考えて、中古といえど1年くらいの使用になります。

つまり、バッテリーが劣化したとしても、大幅に劣化した状態の製品をつかみにくい。そこがメリットです。もちろん、信頼できるショップや個人から買う、あわてて競り合うのではなく、見極める力は求められます

アップルの機種で新発売して1年後でしたら性能は古くありません。まだまだ使えます。

ねらい目はやはり中古品です!

また、iPhone8が発売されていないので、値が下がるに至るまでには早いです。

ヤフオクとかで見ても、4万円台後半以降~という感じですね。

ただ、iPhone8の発売から数ヶ月経ったら、3万円台には下がると思います。iPhone7の新品も値下げしての併売なので、価格を下げる圧力があります。

買い替えるときは、今の機種は下取りか売却ですね。

今、6Sを例えばアップル公式ストアの下取り価格で見ると2.3万円位です。

下取りはアップルギフトカードで還元されるため、次に新品を買う場合に使えるという形にはなります。中古ショップやヤフオクでの売却が理想です。ただ、端末の状況で下取りの方がお得な場合があります。

iPhone X 発表少し前に記事を書いてしまいましたが、下記の記事で計算してみたりしました。

www.itsumo.net

売却は商品の劣化状態と関係しますが、下取りは、満額かゼロの2択になります。

ゼロ円がつくような端末でなければ、満額となりますので、ある意味、中古ショップへ売却するより良い面もあります。

ただ、ギフトカードで売った金額が支払われるので、次にiPadの新品を買おうとか決めている場合ですね。

おそらく、1~2ヶ月したら、中古のiPhone7の価格も下がりますが、お手持ちのiPhoneの中古売却価格も下がります。

2017年11月位のiPhone7の相場状況を予想してみる?

ここからは架空というか想定で考えてみたいと思います。

中古で購入:iPhone7 32GB 38,000円位

現端末iPhone6Sと想定 売却価格想定 : 19,000円位

差額: 19,000円

1年ごとに、一世代前の製品に乗り換えてみるのもよいでしょう。出費も満足度も高くなると思います。

1年ではなく、18ヶ月や24ヶ月とか使うと節約メリットが出ます。

上記の19,000円を、毎月の月額に直すと1年半使用で毎月約1,050円、24ヶ月使用で約790円になります。

アップルの1年落ち製品、中古といえど、毎月790円換算で使用できる。これに、格安SIMの月額1,710円だとしまして、機種代込のトータルで毎月2,500円。

2,500円 × 24ヶ月 = 60,000円

あれっ、iPhone7。新品で機種代金のみで約66,000円だった気がします?

同じ機種で、2年分の通信料込で、新品のiPhone7よりさらに安い?

なかなかよいと思いませんか?