生活と映画と資格のログなど

生活にかかわるお金や格安SIM、3D映画を含むBlu-ray、保有資格などについての日記ブログです。

格安SIM)イオンモバイルを利用して半年・・・デメリットについて考える

格安SIMについてのブログ記事になります。

デメリットは、携帯キャリアと比べると遅いこと

格安SIMは安い!

お高い携帯キャリアと比べて、その分デメリットもあります。

何といっても、スピードは、ドコモ、au、ソフトバンク、あるいはそのサブブランドと比べてもだいぶ遅いです。

私の場合は、以前ソフトバンクでiPhone6を使っていました。

スピードテストで計測して、40Mbps位の速度が出ていた時もあります。一般的に回線が混雑する昼の時間帯でも、体感として遅いと思うことはほぼありませんでした。

MVNOのドコモ回線である「イオンモバイル」を利用してみて、昼時はページ表示に時間がかかる、と思っています。

場所はオフィス街やショッピングをするような場所です。たまにというかほぼですね。

 スピードテストで計測すると、0.2~0.3M位ですね。

文字ベースのネットサーフィンがメインなので、2桁メガのスピードが欲しいとは思いません。ただ、体感的に遅いという不快な思いをしないためには、3Mbps位の速度が欲しいところですね。

また、意外にも「0.2M」と「0.3M」の速度では体感速度が異なります。

格安SIMの会社でも、低速時の運用を「0.2M」にしているところと、「0.3M」にしているところがあります。容量を使い切った後に低速運用になるなら、「0.3M」あった方が体感的な不快度は減る気がします。

タブレットだと、遅いとの印象が増幅する

iPadをwifi(ワイファイ)版から、セルラー版に変更し、シームレスなインターネット接続を運用したかったことも、イオンモバイルを選択した理由の一つです。

確かに、一々「Pocket Wifi」などのルータ接続や、充電状況を気にする必要はなくなりました。

ただ、セルラー版ですぐ接続できるといっても、回線速度が遅ければ文字や画像がなかなか表示されません。タブレット端末は画面が大きいのでなおさらです。

全部が表示されるまでの待ち時間を考えると、いつでもインターネットにすぐつながるという印象が薄れます。

サポートを利用することはないが、メンテナンス日時には不満

音声SIMの契約がある場合、実店舗で契約できるイオンSIMは楽です。

ただ、契約時以外は基本的にサポートしてもらうことはありません。ドコモなどの携帯キャリアを利用していた時も、端末の調子が悪いとか、契約変更の時以外で、窓口に行くことはありませんよね。使うことが少ない、サポート体制自体には不満はありません。

容量プランの変更は、以前は電話のみでしかできなかった

イオンモバイルのよさは、容量について4・6・8・12GBなど、細かなプランが用意されていることです。

毎月の利用状況や、パケットの余り具合により、プランを変更しています。

容量プランの数が多いので、他のMVNOより節約しやすい面があります。月によりますが、600円前後安くできるなら変更する価値はあります。

このプラン変更。当初はサポートデスクに電話することでしかできませんでした。

電話を一々かけるのは、やはり面倒です。

ただし、電話自体は、月末ギリギリでなければそこまでつながらないわけでもありません。当時を思い起こしても、電話がつながらないことにイラっとした覚えはありません。

現在は他社同様「公式サイト」にログインした後で、サイト上での容量プラン変更が可能です。

ということで、不満はなだろうと思うところですが・・・。

容量プラン変更を考える、月末付近にサイトメンテナンスが行われる

翌月から容量変更を反映するためには、月末日ではなく、その1日前に変更手続きが必要です。月末が31日まであるなら、30日までに変更手続きを行います。

今月は容量が余りそうだから、来月は2GB減らしたプランに変更しようかな・・・と思ったとします。

そう思う月末日近くに、サイトで変更手続きをしようと思うと、サイトのメンテナンスが行われ変更できない・・・ということがあります。

これは、例えば今回だけといったことではなく、イオンモバイルではほぼ毎月、月末頃にメンテナンスを行っています。

たしかに、電話すればよいのでしょうが、電話するのはやはり面倒です。

必要な時に限って、プラン変更がしにくい状態は、ユーザビリティーに優れているとはいいがたいと思います。

不満はあるが・・・変える程のものでもない

速度に関しては、半年経っても改善はされていません。格安SIMはこういったものなんだろいうという考えです。

昼時以外は3Mbps程度の速度は出ています。私の使い方の場合は、おおむね不満がない速度です。

イオンモバイルは、SIM3枚のシェアプランとしては最安値付近です。また、4GBからシェアプランが利用可能であり、他社と異なり低容量の時の追加料金なども発生しません。

月に7GB位の利用であれば、前月繰越分が4GBあったら、翌月の契約は4GBにすることで結構な節約になります。

プラン変更がサイトでしにくい点は、我慢ですね。

何といっても、通信料金が大幅に節約できたのは事実です。多少のデメリットがあっても、またイオンモバイルを選ぶでしょうし、今のところ解約するつもりもなく、使い続けるだろうと言えます!