生活と映画と資格のログなど

生活にかかわるお金や格安SIM、3D映画を含むBlu-ray、保有資格などについての日記ブログです。

CIA試験)私の場合の勉強法②・・・日々の勉強は1日2時間?

公認内部監査人の資格試験についてのブログ記事です。

今回は日々の学習時間編といったところです。学習方法を書くのが難しく、なかなか進まないので、とりあえず気ままに書いていきます。

前回は主に計画編でした。

CIA試験)私の場合の勉強法・・・前編?(人それぞれですので、あくまで参考記載です) - 生活と映画と資格のログなど

勉強時間は1日2時間(名目)

公認内部監査人の学習時間の考察記事を以前書きました。

CIA試験)標準的な学習時間は300~500時間 - 生活と映画と資格のログなど

通常だと合格まで半年が一つの目安です。

週に6日は2時間勉強して1日休む。これで、大体50時間ちょっと。

試験直前はもう少し勉強するでしょうが、ご家族とのイベント、仕事が忙しい時期もある、など学習がすすまない時期も出てきます。プラスマイナスで半年位かなといったところです。

また、現実的に中高年が受けることの多い公認内部監査人試験。

忙しくて時間が取れない、集中力も続かない、・・・で、1日の勉強時間は2時間が限度だと思います。

1日2時間はハードルが高い?

個人的には2時間を提唱しますが、2時間の勉強・・・ハードルが高い気もします。

ただし、2つ補足があります。

  1. 2時間ではなく2時間分
  2. 机に座って、勉強する必要はない

動画なら、1.3~1.5倍速など早見することができる!

動画なら自分がみやすい速さにすることができます。私は、1.3~1.5倍速位で観ていましたので、下記の時間でみることができます。

  • 1.3倍速なら、1時間半ちょっと
  • 1.5倍速なら、1時間20分

 実際は、聞き逃し・いまいち理解できなかったところを巻き戻していたため、5~10分程のプラスアルファがあったと思います。

授業はテキストを見ながら受けますので、プロの講師が重要だ、線を引く、丸をつけるといったようなことを話していた場合は、指示に従いテキストに書き込んでいました。

2時間分、動画をみたらその日の勉強は終了です!

テキストも問題集も、なれると早く進めることができる!

問題集は1問解いて、解説を読むまでで1分と計算していました。1日40問なら40分換算です!

*実際の試験は1問90秒くらいで解いていくことにはなります。

1回目は少し時間がかかるかも知れませんが、2回目・3回目は、最初より早く進めることができるとは思います。これも、決めた問題集やったら終了です!

ちなみに、合格に近づくためには正解した問題だったとしても、解説もテキストだと思ってしっかり読むことをおすすめします。

換算? 名目でなく、実質なら1日100分位か?

上記のように、ざっくりと学習時間を計算しているだけで、実際は勉強量が必要です。

長丁場の試験ですから、量を満たせば一応その日の学習は終わりでよいと思います。

さらにできる!は1週間は持ちますが、どこかでリバウンドが起きる可能性があり、トータルの学習時間・学習量を稼げなくなります。

名目2時間、実質1時間40分が日々の学習時間だった気がします。この位は、個人的には必要な気がしてはいます。(個人差がだいぶあると思いますが)

次は2時間の使い方になります。

まず、ひたすら1日2時間分の動画を観続ける

資格スクールを利用する場合は、下記の教材を使用するはずです。

  1. 講義動画(授業に出る)
  2. テキスト
  3. 問題集

独学の方は2,3になります。

初心者の方は予備校利用の方が結局早かったりするのですが、欧米の内部監査の考え方になじむ必要もあり、いきなりテキスト!では、頭の中にほぼ入ってきません。同じく、いきなり問題集も間違えすぎてやる気を失います。

私の場合は、プロの講師の授業をひたすら聞くところから始めました。通信だったので、教材が届いたらすぐ開始することができます。

最初の頃は、映像をただ観ていくだけなので、ある意味、楽ですね。

通勤の電車の中で40分勉強

私は集中力がないので、机に座って2時間は・・・できません!

ですので、通勤の中で、片道20分、往復40分勉強していました。

これも正確には、問題集なら片道20問という感じで、時間ではないのですが。

20分やったら、勉強終了です。勢いでさらに!・・・みたいなことはありません。

電車の中で40分やっていますので、残りは図書館、喫茶店、家で80分=1時間20分の勉強です。

名目2時間だけれども、実質は100分の勉強時間だったりもします。そうすると、電車で40分やってますから、家では1時間だとも言えます。

机に座って勉強といっても「1時間」なら、やれそうな気がしませんか?

さらに、6日やったら1日休みでいいですし。

次回は、問題集とテキストを何回やったかなどを、また気ままに書く予定です。