生活と映画と資格のログなど

生活にかかわるお金や格安SIM、3D映画を含むBlu-ray、保有資格などについての日記ブログです。

使用中のiPad Air2 wifi版を売却して、中古のiPad Air2セルラー版に買い直した!

格安SIMのブログ記事です。

今回は、タブレット端末の入れ替えに関する記事です。

金額は若干あいまいな記憶があるので、一部フェイクだとおもってお読みください。

端末の元々の構成(タブレットとスマートホン)

  1. iPhone6 16GB ソフトバンク回線
  2. iPad Air2 64GB wifi版(ワイファイ)

上記の2端末が元々使用していた端末です。

これに、家族用のiPad mini4のSIMフリー版を銀座のアップルストア(Apple Store)で買い足し、BIC SIM(実質:IIJ Mio)で運用した話はあるのですが、今回は入れ替え話のため登場端末から省略します。

iPhone6は、元々はパケット最低料金で運用するため、wifiルータのPocket Wifi(ポケットワイファイ)を使用していました。その辺りが、面倒だった話は下記のリンクになります。

iPhone6(softbank回線)+ Pocket wifiの2台持ち運用のデメリット - 生活と映画と資格のログなど

wi-fiルータでの運用は止めて、Softbankの2年縛り切れまでじっと待つ予定だったのですが、イオンモバイルのキャンペーンが後押しとなり、ついに2年縛り後に予定はしていた移行時期を早めることにしました。

この決断自体に、後悔は今もありません。

元がwifiルータ運用にしてしまったこと、固定回線用のADSL契約を一時期含めていたこともあり、実は月額料金を正確には記憶していません。

が、大体の概算としては月額料金は下記です。

  • Softbankホワイトプラン: 6,934円(通話はほぼしないため)
  • 実質的な機種代: 800円位?
  • 上記を税込みにした合計: 月額8,300円位

端末の入れ替えは以下の順番ですすめた

  1. 使っていた iPad Air2 を売却
  2. セルラー版の iPad Air2 を購入
  3. 中古の iPhone6S を購入
  4. 格安SIMへMNP
  5. 使っていた iPhone6 を売却

今回は、2番までの話になります。

iPadは、しばらくなくとも困らなかったので先に売却することにしました。

当時は、新しいiPadが発表される前後です。

iPadは雑誌や電子書籍などをみたりするのに便利なので私にとって必要でした。

値段の下がった新iPadが発表されたものの、私にとっては下記の理由で魅力的ではありません。

  • 新iPadは今のより重い(軽さは正義!)
  • 今のケースが流用できない(追加費用)
  • ディスプレイの加工が今の二劣る

特に、若干と言えども重くなるというのは通勤時間に使っている私としては購入意欲が高まりませんでした。

後にiPad Pro 10.5インチが発売されるわけですが、金額的に高かった。

これで、iPad Air2の買い替え(買戻し?)に決めました

それ以外は、スマートホンは電話でもあるので、先に売却できないので、流れの通りです。

wifi版のiPad Air2 を中古で売却(cellurer版へ移行する!)

iPadは初代から使用していて、iPad Air2に移りましたが、常にwifi運用でした。

元々はポケットワイファイ、途中からはiPhone6のテザリング。

格安SIMを使い始めて半年経過した今となって、個人の体験談として思うのは、タブレット端末も、利便性が大きく異なるので、ぜひセルラー(cellurer)版の運用をおすすめしたい、という点です。

iPadは、wifi版よりセルラー版が快適で便利だった! - 生活と映画と資格のログなど

もし、お金の問題でしたら、イオンモバイルのシェアプランを使用すれば、ほぼ追加の月額料金なしでの運用が可能です。

iPad Air2を中古で売却すると・・・

売却手段としては、大きくは2つ。

  • ヤフオク(ヤフーオークション)
  • 中古ショップへの売却(イオシス)

どちらがよいかは、ヤフオクを普段使用しているか、(通販形式での郵送売却もありますが)近くに中古ショップがあるかという点も影響すると思います。

ブックオフ(BOOKOFF)またはゲオ(GEO)なら、ほぼどの地域でもありそうな気がします。

ブックオフは本の買い叩きイメージが私の中では浸透してしまって売ろ時の候補にはなりませんでした。そちらに売却はしていないため、相場観が高く買い取ってもらえるのかはわかりません。

ヤフオクは、今は手数料として売却代金の10%が発生します。手数料の還元策がキャンペーンのような形で行われているときもあります。

ただ、ポイントで還元されるため、売却した後の近い期間で、ヤフオクまたはヤフーショッピング、ロハコなどでポイントを使い切る予定があることが前提となります。

メルカリでの売却は構想外でした。急いで売却したいわけではなく、当初高めの金額から段々落としていくことになるみたいな話を聞いたので、今回は合わないかと考えたためです。

「じゃんぱら」など、専門の中古ショップもあります。機器のコンディションや備品を厳密にみられるところがプラス、マイナスあるかも知れません。以前、iPhoneを売却したことがありますが、特に問題はありませんでした。

一般的には、ヤフオク売却が高額になるとは言われていますが、10%の手数料を考えると、専門の中古ショップと差はないようにも、今は思います。

今回は、約37,000円程でiPad Air2を売却することができました。

iPad Air2のセルラー版を今度は買い直す

実は、新iPadが発表されてから、発売終了となるiPad Air2の方が魅力があると思い、アップルストアに新品があるかを見に行きました。

格安SIMでの運用予定なので、Apple StoreでSIMフリーを探すのが前提です。

しかーし、容量が大きいものしかなく(価格が高い)、黒以外の色がはもう置いてありませんでした・・・。

ということで、中古購入に決定です。

ただ、実際は新品未使用品も取り扱われていたりします。が、値段がその分高いんですね。1年程度使用した中古の方がオトク感があると思いますし、その選択に後悔はありません。

iPadの中古商品はどこで買う?

中古で購入する場所も、売る時と同じです。

  • ヤフオク(ヤフーオークション)
  • 中古ショップへの売却(イオシス)

買う候補としては、キャリア系からSIMフリーまで自由になります。

ただ、方向としてはドコモ系の格安SIMを利用するつもりだったので、中古で購入するiPadはドコモ系もしくはSIMフリーです。

購入に関しては、買う側で買い叩かれる不安もないわけですから、ブックオフなども候補になります。

一応、いろいろと見て回った記憶がありますね。

ヤフオクも日々気にかけるようになっていました。ヤフオクは新品未使用品も販売されていたりしますが、発売されてから2年半ほど経つ製品に対しては、値段的に魅力が薄いです。

実際は既に持っていたケースをつけて使うため、画面や表側にキズがなければ十分でした。が、また次の売却を考えるなら、やはり少し高くても美品の購入を考えるべきとは言えます。

ヤフーオークションのウォッチを継続して、たまに入札

たまに、ヤフオクをみていると大体の相場観がわかってきます。

1年程の使用(=バッテリーのへたりが大きくはないだろ、)で、美品の商品を狙うことにしました。

次に買うiPadには音楽を入れるつもりはなかったので、長期間は使わないかもしれないし、と考え、16GBの容量です。そして、ドコモキャリア版かSIMフリー。

実際は、ドコモ系の格安SIMで運用するならどっちでもよいのですが、SIMフリーの方が値段が高いですね。

当時の相場観をみると、上記の条件を変える値段としては3万円位です。

タブレット端末の方は先に持っていたものは売却済みで資金繰りに問題はありません。

時期が遅くなれば、買う場合は値段が下がる可能性があるので、急ぐ必要性もありませんでした。

たまーに、ヤフオクで気になった商品は試しに入札していましたが、大体は競り合いになって入札価格では落札できませんでした。

あわてていないため、当初の入札金額から競り合うようなことはしません。

そして、落札する機会が訪れる

一応、入札はしたものの、たまーに気になったものを試しに入札してみるくらいの気持ちでした。希望金額で落札できればラッキーと。急いでないわけですから、出品者の情報にも気を配りました。

その間に、落札相場的にはあと、5~10%位調整しなければならないと思い、入札価格は上げました。まあ、待てば当初の希望通りで行けた気はしますが。

時は来ました・・・。

おそらく、平日終了のオークションだったため、入札者がほぼおらず、そのまま私の入札で決まりました。

逆に落札できてしまったことに、あせったというのが正直なところです。もう少し、楽しみたかったなと。

価格は送料等込みで、確か、総額32,000円位だったと思います。

セルラー版への買い替えで5千円得をした!?

  1. iPad Air2 64GB wifi版:売却価格 約37,000円
  2. iPad Air2 16GB ドコモ版:売却価格 約32,000円
  3. 差額:5,000円のプラス(儲け)

厳密には、当初の新品購入代金があるので儲かってはいませんが。

このディーリングに関してはプラスです。(取引をカッコつけた言い方にしてみたかっただけです・・・)

もちろん、64GBを売却して16GBの容量に買い直したことはあると思いますが、まさかプラスになるとは思いませんでした。

wifi版をcellurer版に買い直すというのはありですよ!とも言えますね。

この資金は、スマホ、iPhoneの買い替えの原資になるのでした。

次回は、スマホの方の買い替え話です。