生活と映画と資格のログなど

生活にかかわるお金や格安SIM、3D映画を含むBlu-ray、保有資格などについての日記ブログです。

iPhone6Sの中古を使用した、実質負担(節約効果)はいくらだったのか?(iPhone7への買い替えをすすめる)

スポンサーリンク

以前、スマートフォンを買い替えた話を書きました。

今回は、節約の観点から総括したいと思います。

*金額は、多少ぼかしていますので正確ではありません。あらかじめご理解ください。

iPhone6Sとの違いは、Apple pay(アップルペイ)と防水

だと、個人的には思っています。

使用した感想は別の記事にする予定です。

ただ、ストレージ容量は、端末を使用してのストレスにつながると思います。今は、余計なことを考えて利用できている、それだけで満足だとも言えます。

防水の利便性は、実際に使用していて具体的に感じることはありません。

ただ、アップルペイ、実際はビックカメラSuicaカードでチャージした、モバイルスイカの利用ですが、これは便利です・・・またの機会へ。

f:id:seikatsulog:20180523232813j:plain

「iPhone6S 16GB ドコモ版」の購入と売却額

iPhone6Sは中古で購入しました。格安SIMでの運用を想定していましたので、SIMフリーもしくは、対応できる格安SIM会社が多いdocomo版を前提としていました。

結局、どちらでもよかったのですが、中古販売種類の豊富さと、値段がSIMフリーよりは安いドコモ版を購入しました。

格安SIMとしては、イオンモバイルを使用しています。

ちなみに、ストレージ容量16GBは、現在はおすすめしません

ともかく、月の通信費を抑えたかったので、安さ優先で一番ストレージ容量が少ない16GBとしました。ただ、今後買う方に対しては、16GBでやっていけないことはないですが、心理的な余裕としては16GBはおすすめしません。

iPhone6Sの価格面を総括する

約1年少し前に購入した価格は、計算しやすいよう少し調整しますが、約36,000円でした。

購入した端末は、美品でしたので、中古端末と言えど満足していました。

この端末を約1年使用しました。

先にiPhone7を購入する形ですが、iPhone6Sは中古端末を取り扱う販売店に売却しました。

GEO(ゲオ)に中古スマートフォンを売りに行く

本当は、通販なり、より高く売れる場所まで行くなり、時間と手間をかける方法もあったのですが、わざわざ遠くまで行くのが面倒だったということで、近くのショップで売りました。

ショップは、ゲオです。

さて、約36,000円で購入した、iPhone6Sはいくらで売れたのか?

結果は、約12,000円

前述の通り、もう少し高く売る方法はあったかもしれませんが、おそらく2千円高く売れたかどうかだと思います。

手間を考えれば妥協できる範囲でした。

「iPhone6S 16GB ドコモ版」の実質負担額は?

購入に、約36,000円。

売却で、約12,000円。

差額イコール、iPhone6S利用による実質的な負担額は、約24,000円ということになります。

ちなみに、中古端末購入のメリットは、最初の利用者がガラスフィルムをつけていた場合、その費用が節約できる点です。ガラスフィルムだと、2~4千円程したりしますので、結構大きいですね。

ケースは、前の機種がiPhone6であればりゅうようできるかもしれませんが、ここは好みの問題です。

24,000円を12ヶ月で割ったとしたら、1ヶ月辺り2,000円。

15ヶ月で割ったとしたら、1ヶ月辺り1,600円。

携帯キャリア運用の、半額程度に収められる可能性

端末は携帯キャリアにより、一括0円や実質0円などがどこかにはあるかも知れません。

ただ、格安SIMで運用しているので、携帯キャリアでは通信代金が高いので月額にすると、毎月6,500円~9,000位になったりします。

私は、格安SIMと言えど3枚運用するシェアSIMなので、毎月3千円前後の通信費がかかっていますが、普通の方ですと3GBで1,700円で運用できるかもしれません。(通話が少ない前提となります)

そうすると、15ヶ月端末利用で考えれば、毎月3,300円程ですから、携帯キャリアを利用した場合の半額程度になる可能性があります。

実質24,000円を24ヶ月使った場合ですと、端末分割計算では毎月1,000円になります。

まあ、中古端末なので2年使いきるまでではなく、1年半位で機種変更するのが現実的にあるかも知れません。

iPhone7については、また次回に書こうと思います。