生活と映画と資格のログなど

生活にかかわるお金や格安SIM、3D映画を含むBlu-ray、保有資格などについての日記ブログです。

「2018年版ジブン手帳Biz mini」12月になったので使ってみた感想!

「2018年版ジブン手帳Biz mini」

12月始まりの手帳で、今月から実際に使い始めましたので感想を書きます。

www.itsumo.net

前年はA5スリムサイズを買ってみたが・・・使わなくなった

f:id:seikatsulog:20171026004251j:plain

f:id:seikatsulog:20171026004433j:plain

私の好みは、1週間のスケジュールが縦軸になる「週間バーティカル」タイプです!

週間バーティカルは他にもあります。なぜ「ジブン手帳」にしたのかという感じですが、元々はライフログや自分史を書いてみたいというのがありました。

ただ、ここら辺は前回の話になりますが、自分の小さい頃の出来事の年「月」は思い出せないので、自分史部分は埋まらないというのが正直なところでした。

それと、個人的にはA5スリムサイズは常日頃持ち歩くには大きいと感じました。

ただし、書き込む量が多い方や、立って書くなど不安定な場所で記入することがある方にとっては便利だと思います。ラフな扱いができるというのもメリットです。 

2018年から「ジブン手帳Biz mini」が出た!

実は昨年も「Biz」は気になっていました。何といっても24時間バーティカル表記ですし、スケジュールとタスク管理(ガントチャートもあります)など、シンプルなところが使いやすそうに見えました。

ただ、買うに至らなかったのは、タスクや予定管理を行うシンプルなものなら、いつでも持ち歩けるサイズがよい、と思いました。

2017年版はBizもA5スリムしかありませんでしたので、迷っている内にどのお店でも見なくなってしまいました・・・(ゆえに、気になる方は早めの購入がベターです)

しかし、2018年版は、そんな悩みを解決するミニ版が登場しました!

通常版は使わなくなったものの、こちらは魅力的であり買ってしまいました。

「ジブン手帳Biz mini」

「ジブン手帳Biz mini」は、カッコよく使いやすい!

12月に入り、実際に普段使いしてみての感想になります。

艶黒ブラックはビジネスマンの手帳としてカッコいい 

手帳を作っている会社の方(アシュフォード)が、「手帳は人と差別化するアイテムであり、格好をつけるためのモノ 」といったことを語っているのを見たことがあります。

実用性はもちろん大事ですが、カッコつけるためのものだと思うと、余計な遠慮をせずに好きなものが選べると思います。

この「ジブン手帳Biz mini」の艶黒は、個人的に見た目に艶があってカッコよさを感じます。もちろん、マットやネイビーなどの色もよいのですが、艶がビジネスマンっぽさを出します。(マットタイプ3色を含めた、合計4色から選べます)

サイズが絶妙!現実的に書き込める範囲!

個人差はあると思いますが、miniサイズ(B6スリムサイズ)と言っても、バイブルサイズのシステム手帳のリフィルより一回り大きいくらいなので、書き込むときに書きにくいということはありません。

また、綴じ手帳ゆえ180度開くので、両面にも書きやすいです。

ただし、24時間表記のため15分単位とかで書くのは難しいですし、30分単位で実際に見える範囲の字で書き込んでみると、30分の枠から少し字がはみ出ます。

細かい時間で記入されたい方は、8時など端折った表記のものにするか、デイリータイプがよいのかも知れません。

あくまで、ジブン手帳は週間縦型で24時間分あるのが大きなメリットです。

そんなに予定があるわけではないのですが・・・資格試験の勉強したり、特に12月など飲み会が多い月などは21時辺りで、時間の見出しがなくならずに24時まであるというのはメリットだと思います。

ガントチャートや年間カレンダー部分も便利

横に月の日付があり、縦に12行あるので、ガントチャート的なタスク管理が可能です。

f:id:seikatsulog:20171204225832j:plain

また、見開き1ページで年間のカレンダー表示があるので、見開きで年間の予定の把握ができます。ただし、マスが小さいので文字数は限定されます。

f:id:seikatsulog:20171204225719j:plain

ノート部分は標準セットではないに等しい

「ジブン手帳Biz mini」は、スケジュール部分に特化しています。

そのスケジュール部分の後ろにノート部分はありますが、見開き4ページしかありません。手帳をノートとしても使いたい場合は、ノートのセットを追加で買うとよいかと思います。

ラフに扱えるのはメリット

手帳は、カッコつけるためのツールと言いつつ、若干矛盾しますが・・・。

平日の仕事でバッグにサッと入れたり、土日に小さなバッグで外出する時など、粗く扱っても問題ありません。

現状、システム手帳と併用しているのですが、システム手帳は革製で下手すると傷がついてしまうため、ジブン手帳の用にあらい使い方は正直できません。薄いバッグで、チャックに引っかかったら、傷がつくだろうなと頭の中で考えてしまいます。

そんなことを考えない、B6スリムだから面倒くさがらずに小さめのバッグに放り込んだリ、取り出したり出来るというのは持ち出しやすくなるので、手帳ライフを豊かにする気がします。(その辺りもあり、当初ハードカバーのジブン手帳にしたのもありました。ただ、B6スリムだと小さいので扱いで気にすることが少なく感じます)

miniでありながらペンホルダーも備わっているので、バッグに1冊ポンと放り込んで外出もでいます。

今は2冊併用するにもベスト

今は、システム手帳と併用しています。2冊持ちということになります。

ただ、予定だけの管理であれば、ジブン手帳1冊でもよいのかな、と実際に使ってみて思う部分はありますね。

システム手帳も長年のパートナーとして使いこなしてきたので、併用していきますが。

ただ、この「ジブン手帳Biz mini」の場合は、他の手帳との2冊持ちにしても、まったく影響のないサイズ、厚みです。

値段も少し下がってきていますが、一方で昨年売切れてしまったという面があります。

個人的な感想になりますが、実際に使い始めて、メインでもいけるし、併用するときの手帳としても使えると思いました。

売り切れとにらめっこしつつ、気になる方は検討してみるのも、悪くない手帳です!