生活と映画と資格のログなど

生活にかかわるお金や格安SIM、3D映画を含むBlu-ray、保有資格などについての日記ブログです。

映画)ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス2D(3D映えする高画質映画)

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの1作目は3Dを購入して、Blu-ray(ブルーレイディスク)で作品を観ました。

しかし、2作目にあたる今回の作品は2Dで観ています。

王道のストーリーに、個性的なキャラの濃い味付け!

映画サイトなどでは、高評価な映画です!

ディズニーらしさというか、まさに娯楽作ストーリーの王道だと思います。

盛り上がったり、下がったり、そして復活して、いろんな場所に移動し、分かれて、出会って、最後は困難に耐えてギリギリ打ち勝つ!

キャラクターそれぞれが個性的です。それゆえ、王道ストーリーに対して個性的なキャラクターというトッピングがある分、まさに娯楽作の王道ではないとは思います。

脇役の脇役に有名どころが登場してきます。

シルヴェスター・スタローンが出てきたときはオッ!と思いましたね。

ディズニーの宇宙物に出るイメージを私は持っていませんでした。

カート・ラッセルも懐かしさを憶えました。

音楽も昔の味付け。ソニーのウォークマンを愛用していたり。

細かな部分での味付けがみごとにされていると思います。

娯楽作続きの後で観ると、お腹いっぱい状態になるので注意!

ただし、個人的には一点思うのですが。

人によっては、カロリーの高いおいしい料理を何度も食べ続けるとあきてしまう方もいますよね。

この映画は娯楽作の王道といったストーリーで、個性的なキャラクターという、濃い目の味付けがされています。

この映画を観るまでに、まさに娯楽の大作いった映画を観続けていると、「おいしいけどお腹いっぱいで感動を感じなかった」という状態に陥ります!

何を言っているのかという面はありますが。

続けて大作映画を毎週のように見続けた後に、この映画に至ると、娯楽作でもうお腹いっぱい状態になります。しばらく映画をみていない、最近はヒューマンやミステリー物やラブストーリーなど静かなものをみているな、と思った時に観ると映画のよさがわかると思います。

1作目は3D映像としては、不満はない映像だった!

個人ブログで言い訳を書いてしまいましたが、上記のような理由で、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」はちまたの評価程には至っていません。

難しいのですが、1作目も王道+個性的なキャラクターだったのですが、なぜか憶えていませんでした。王道過ぎてストーリーがひっかからなかったのかも知れません。

1作目自体は、3Dとしてはなかなかの出来だったと思います。ただ、2回みることはないだろうという感じでサッサと処分してしまいました。

それでも間違いなく言えるのは、CGなど映像面は素晴らしいです。それと空や宇宙を飛行する映画は、まさに3D向きだと思っています。

小さな宇宙船が大量に、クリス・プラット演じる主人公の宇宙船を襲う!岩がたくさんあるところに逃げ込んで、操縦技術で右往左往する。

この辺りの映像は、3Dだったら見栄えするだろうな~と思いながら観ていました。

3Dのブルーレイ映画は、中古売却価格が悪くありません。1作目を売った時も、購入したにもかかわらず、まあちょっと高めのレンタル価格かなといった感じになります。

気になる方は是非3Dで観るべき映画だと思います。

勝手に評価付け! 5点満点中3.5点/3Dで観るべきだった度4.5

一定以上の評価ラインは超えてくる映画です!

駄作という評価は「ない」作品だと思います。映像、音楽、キャラクター、ストーリー、どれも十分なレベルを超えていると思いますね。

特に映像は宇宙物の娯楽作が好きな方は美しい映像だと思えるはずです。

映画のストーリーは王道で、キャラは立っています。

あくまで私の場合は、どれも一定レベルだけど・・・なぜか、記憶に残らない映画ということで普通という評価です・・・。

ただ、繰り返しますが、3D映えする、画質、宇宙船や戦闘、そして矢のようなものの動き、ここら辺は3Dで観たら、素晴らしかったんだろうなと思いました!