生活と映画と資格のログなど

生活にかかわるお金や格安SIM、3D映画を含むBlu-ray、保有資格などについての日記ブログです。

CIA試験)私の場合の勉強法③・・・テキスト・問題集の回転と時間

公認内部監査人の資格試験についてのブログ記事です。

気楽な個人体験談として、個人的な勉強法で引っ張ってしまってい参考にならないかも知れません。勉強法を確立されている方は、読まないか、もしくはこんな怠け具合でも合格できるのか、と比較対象にしてください。

動画・授業を一通り終えたら、テキスト・問題集の出番!

アビタスやTACなどの資格学校を利用している場合、動画・授業と並行、もしくは、動画を観終えてから、問題集・テキストの自主学習に入ると思います。

動画だけみても受からない試験なので、そこからの自主学習が大切ですね。

CIA試験)私の場合、講義より教材で資格学校を選んだ・・・(予備校選択理由) - 生活と映画と資格のログなど

ここから先は、教材は異なるものの、資格予備校利用者も独学の方も同じような感じになります。

テキストをまず流し読みしてみた

勉強の基本は、テキストと問題集の繰り返しになります。

テキストも問題集も、最初の頃は読みにくいです。初めてやる勉強内容なので、最初はそんなものですね。

家では講義、電車ではテキスト

実際は、授業と並行してだったと思いますが、まずテキストを読み始めました・・・電車の中で。

今考えると、当時はDVD学習だったため、家ではDVDを観て、通勤の電車の中ではテキストを読むところから始めていたと思います。

テキストを読むペースの一例!?

個人的な部分ですが、見開き5分かかっていたのではないでしょうか?

イコール、2ページで5分、1ページで2分半ということになりますね。

電車の中では片道20分、往復でも40分までしか勉強しませんでした。

せめて1日20ページ位は読まないととは思っていたので、電車で20ページ進まなかったときは、少しは家でも読んで1日20ページは確保したような気もします。

資格スクールのテキストとしては、Part1とPart2は200ページ位だったかもしれません。

つまり、1科目のテキストを1回読むだけで10日費やしたことになります。

5回読んだら50日。2科目を5回ずつ読んだら100日。勉強が進まなかった時期もたくさんありましたから、プラスアルファの日数がかかっています。

PartⅠとPartⅡの受験は4ヶ月目でした。そこから考えても、私の場合は4ヶ月=120日で、5回テキストを読んだ気がしています。

CIA試験)Part1とPart2は、ほぼ同時期に受けることが鉄則! また、一日あたり1パート受験までがベター - 生活と映画と資格のログなど

*ちなみに、以前の記事に訂正があります。パート1を受けてから、パート2を受けるまで2週間空けたと書いていましたが、学習計画を見直してみたら1週間後でした。

テキスト読みという見出しに対しては、この本が参考になりますね。7回読んではいないのですが。

テキストと問題集の繰り返しの「回数と時間」

科目によった気がしますが、テキストを2回流し読みがベターだったかなと思います。

見開き2ページ分で5分かかってますから、読んだ気になっています。

しかし、頭に入っていないんですね。流し読みの時は線も書き込みもしません。本当に読み進めるだけです。まあ、通勤電車の中で書き込んだり線引いたりはできないんですが。

講義の動画をみた!

テキストも1~2回通しで読んだ!

特に講義を聴いていると分かった気になっています!

さて、その状態で問題集にすすみます。

ちなみに、問題集解くのも1回目はなかなか進みません。

本番では、1問1分で問題を解いていくのが時間管理の目安

問題集は1問1分で計算します。本番の試験では1問1分半くらいで解かねばなりません。

が、よく考えると本番で1問1分半で解くと、見直しの時間がないことになります。

見直しの時間や、迷って後回しにした問題を解くためには、1問1分ペースでは進まねばなりません。

話がそれました。問題集は、問題と解説を読むまでで1分としています。

1日辺りに解く問題数の一例

実際は1回目は1問1分で解けていませんが、一応それで計算すると、通勤電車の往復で40問。

ここまでの流れですと、問題集をやる時は講義動画は見終わっている状態です。

テキスト・問題集の教材ベースの学習になっています。

家でも40問位、問題を解きます。

合計1日80問。

実際は、怠けから? 計画は絵に描いた餅だった!

1日120問とか考えたこともありますが、私は集中力不足でできませんでした。

こう書いていますが、実際は今見直したら、30問~40問しかやっていない日がたくさんありました・・・40問解いていない日がたくさんあるなんで、我ながら情けない・・・。

当時の問題集は、1科目350問位だったので、1日40問なら8~9日で1回転。80問やれば5日で1回転ですね。直前期は5日で1回転にチャレンジしたいところです。

Part1とPart2は同時に勉強するので、意外とすすまない

1日40問で、休みも考慮してみると、10日で1回転こなせます。100日あったら10回できるじゃやないかと。

ここで、忘れてはいけません。パート1と2は同時期に受けるということを!

CIA試験)Part1とPart2は、ほぼ同時期に受けることが鉄則! また、一日あたり1パート受験までがベター - 生活と映画と資格のログなど

PartⅠとPartⅡの受験時期を4ヶ月だとしたら、それぞれ5回ずつが実際の回転数になります・・・。

*ちなみに、1日で1回転できるという話も聞いたことがあります。が、私の集中力、正解の問題でも解説を飛ばさずに読むやり方では、1問1分かかります。ゆえに、1日1回転はどうやっても無理でした。

次回は、こんな感じの勉強法で問題集1回目の正答率が何割だったのかについて書きます。