生活と映画と資格のログなど

生活にかかわるお金や格安SIM、3D映画を含むBlu-ray、保有資格などについての日記ブログです。

CIA試験)第4章:Part1~3までの各科目編「目次」(PartⅠ・Ⅱ・Ⅲの3科目)

スポンサーリンク

公認内部監査人の資格試験の記事です。

一定の分類を書いた後に、それぞれ目次を書いています。今回は、各Partについての印象といいますか、感想を加えて書きます。

第4章:各Partについてのまとめ

今回は第4章の「目次」の役割になります。

Part1~3までの3科目:どの順番で受けるかを考えてみる

CIA試験)各Partごとの試験を受ける順番を考える

何回か書いていますが、PartⅠとⅡは、ほぼ同時期に受けるのが鉄則だと思います。

ゆえに、Partの分類として、大きくは下記の2つに分けて考えてみます。

  • パート1、2
  • パート3

2分類ですから、順番に1・2・3と受けるか、3を受けてから1・2と行くパターンです。

1番最初に受験する科目は余計なことを考えずにすみ、やる気もあるので、その気力の活用を考えてみるのもありだと思います。

内部監査人として問われる知識は、どの科目の受験でも重要!

Part1で勉強した・暗記した知識は、Part3受験時まで使える!繰り返して完璧にする - 

内部監査人として問われる知識というか、視点というか・・・。そういった面は、どの科目を受ける場合でも出題される可能性があります。

守秘義務があるので、可能性の問題とはさせていただきます。

内部監査に関連する知識としての、ITや財務会計などがメインとなる「PartⅢ」の受験だからと言って、PartⅠ・Ⅱのことは忘れていいわけではありません。

資格スクールでも(私の場合、アビタスの公認内部監査人コース )、全パートを一通り勉強してからの受験を推奨しています。

科目をまたいだ質問に対応できなくなるからですね。

それぞれのパートを必死に勉強したことによる貯金は、後々までいきると考えています。

勉強範囲が広く、対応に迷ってしまうパート3

監査経験のない人はパート2、それ以外の方や全体的にはパート3が、難しいと感じる人が多いかも知れません。

Part3は、一度落ちるとどう勉強したらよいか迷うので、一発合格を目指すのがベターです。もちろん、一回落ちたからと言ってもチャンスがなくなるわけではありません。

そのPartⅢについて。ひどい話で、苦手な分野は半分捨てましょうとまで書いています。

なぜ、それが可能なのか。Part3という1科目でも、出題内容はITや財務会計、リスク・マネジメントなど、多分野に分かれています。

ゆえに、どれかが苦手でも(0点はまずいですが)、半分取れればよい気持ち位で、他の分野に注力するのもありだと思います。

内部監査の「実務」に関するPart2

パート2は、監査経験がないと、難しく感じる人もいるのではないでしょうか。

少なくとも私はそうでした。

効果的な勉強法をお伝えできればよいのですが、実際は基本に忠実に、テキストと問題集を繰り返すしかないという、ふつうのコメントを残すだけでした・・・。

*問題を多くこなしたい方は、下記をやるのも一つの手かもしれません。

PartⅡ(パート2問題集)

CIA試験)独学の場合のテキスト・問題集(使用教材)

注意:2019年からは、公認内部監査人試験のシラバスが改訂されます!

CIA試験)公認内部監査人の資格試験のコースシラバスが2019年から改訂へ 

2018年4月4日に、日本内部監査協会のホームページに下記のお知らせが載っていました。

2019年CIA試験シラバス改訂のお知らせ

*リンクは、トップページに張っています。

出題範囲の分類や、出題項目の比率(パーセンテージ)が改訂されるようです。

試験への影響は、日本語受験の場合は、早くても2019年の3月か4月頃からのように見えます。開始時期の詳細はまだわかりませんが、決まったら日本内部監査協会のホームページに掲載されると思います。英語で受験する場合は、2019年1月から対象となるようです。

まだ、先とも言えますが、2018年中に全科目合格するのがベターではありますね。

*2017年に、IPPFも改訂されています。

合格のための「勉強に集中」するなら予備校もあり

シラバス改定などををあまり気にせず、勉強に集中する場合は、受験者の代わりに試験を研究して、教材(テキスト・問題集)をつくっている「資格学校」を使うのをおすすめします。がベターです。

*今のところ、CIA資格の予備校と言えるのは下記の3つだと思います。(独学の場合の教材についてはこちら。)

各Partで、難しいところもあり、悩むこともあると思います。

ただ、まず一通り最後までやって、また戻るとわかるようになっていたりします。当たり前のことで、余計なお世話ですが、学習時間を確保して続けることが一つの案だとは思います。